ワインはソムリエにお任せ

馴染みのレストランでしたら、ソムリエもお客様のことを大体わかるのですが、そうでない場合は実はソムリエは3つの知りたいことがあるのです。

1予算
2どのくらい飲むか?
3味わいの好み

まずは予算ですが、これが一番大事なこと!よく“レストランでワインにどのくらいお金をかけたらよいのですか?”と聞かれますが、それはお客様次第です。
ただしワイン代の目安を知っておくと安心しますよね?ワイン代の目安としてそのレストランでのコース料理の価格(大体の場合そのレストランでの食事代)の半分を考えればよいと思います。

■ ひとりあたりのワイン代の目安=レストランでの食事代×2分の1

もちろん世の中、飲める方も飲めない方も、そしてもちろん状況によって変わります。ワイン代が0円でもかまわないわけです。
おおよそのワイン代がわかったら、今度はそれをソムリエに伝えるわけですが、“5000円のワインを!”とゲストがいる前で言ってしまったら・・・・ちょっとげんなりですよね!そのためにワインリストがあるのです。ワインリストの値段の場所を指差して“このくらいの価格のお薦めワインを”とスマートにソムリエに予算を伝えてください。

次に飲む量をソムリエに伝えます。グラスの大きさによりますが、おおよそ7杯くらいワイン1本から取ることができます。
「今日は4人ですから、白ワイン1本と赤ワイン1本を楽しもうと思います。」とあらかじめ飲む量を伝えていただくと、ソムリエはお客様に応じたワインをワインリストからお薦めすることができ、またよりよい状態でサービスすることができるのです。

グラスワインを上手に楽しむ!

そのレストランの料理にあわせやすく値段もお手ごろなワインを、最近グラスワインとして出しているレストランが増えてきました。
とってもうれしいことです!しかも数種類おいているレストランもあり、気軽にワインを試せるようになりました。
あまり飲めないがワインは楽しみたい!という場合はグラスワインをお薦めします。
これまでの経験で言えることは、美味しいグラスワインを置いているレストランは、お料理も美味しい!ということです。

グラスはステムを持つ

ワインをグラスに注いだら、手から伝わる体温でワインがぬるくならないよう、柄つきグラスを使ってステム(柄)を持ちます。ステムの下、ベース部分を持ってもいいでしょう。
せっかくグラスの下の方を持ったら、ワインの色に注目したい。近くの白いもの、たとえば紙やテーブルクロスなどを背景にして見ると、わりと正確に色が見えます。
旨いワインは、不思議なほど美しい色合いをしているものです。逆に酸化してダメになったワインは色あせていることが多い。あなたも経験を積めば、ひと目で分かるようになるかもしれません。

香りを楽しむには

手元のグラスを自分の方に傾けて、鼻をぐっと突っ込んで大きくひと嗅ぎ。その瞬間の鮮やかな印象がひとにうまく伝わる言葉になれば、あなたは専門家か詩人…?
言葉が出ない…というあなた。ワインは何だって「ワインの匂い」に決まっていると思わずに、ひとことだけ連想ゲームをしてみて欲しい。ロマンチックで難しいことを言わなくたって、「なんか花っぽくない?」とか「チーズ??」「梅干しの感じ…」といった具合に、知恵を出し合って盛り上がればそれでいいです。
鼻の下にワインの色をつけたりしないように、グラスのふちは適宜、ぬぐっておくといい。そして、決して鼻からワインを吸い込んだりしないよう、傾け方に注意してください。

香りを引き出す

グラスを揺すって、中のワインを渦巻状に回すのがスワーリング。グラスの内側にワインが広がって、風味が引き出される。回す前と後とでは、香りの性質が変わることに気付くでしょう。
ただ、匂いを嗅ぐわけでもないのにやたらくるくる回していたり、ワインをこぼして人にひっかけたり、水のグラスを持っても無意識に回し続けていたりするのは…あまり知的ではないですね。

ワインを自宅で美味しくのむコツ

例え、1000円ワインと言っても美味しく頂きたいですよね。それに、記念日などには高級ワインを開けることもあるかもしれませんね。
面倒なアイテムを使わずに、美味しくワインを楽しむ飲み方をご紹介します。

必要なものは、

   ・ワイングラス
   ・ワイン

だけです。

■美味しいワインの飲み方
@購入してきたワインは少なくとも一週間くらい寝かせて保存します。年代モノのワインは少なくとも1ヶ月くらいは寝かせておきたいものです。
  ※比べて頂くと判るのですが、これでお味がビックリするくらい良くなります。
A澱があるようなワインは前日などに、立てておき、瓶の底に沈殿物を集めておきます。澱などが特にない軽いワインなどは、特に必要はありません。
Bやっとここで全を抜きます(笑)。デイリーワインはまとめて購入されて、そのまま寝かせて保存しておけば、普段は、このBから始まるとは思いますが(笑)。
Cワイングラスに、一杯注ぎます。
Dこの、開けてすぐのワインを味わってみます。そこで・・・・、
 →美味しかったら、そのまま飲み続けましょう!
 →「すこし角があるなぁ」と思われたら、
  瓶を斜めにして、ワインと空気との接触面を大きくした状態で、
  1〜4時間待ってから頂きましょう。
Eこのワインを空気に触れさせておく事を、
   「ワインが開くのを待つ」
  などと言います。どれくらい待つかは、ワインによっても、またそれを楽しまれる方々の趣味趣向、ワイン歴などによって様々でございます。正式などというものはありません;。
F開くのを待っている間に、ワインの温度が変わってしまったら、冷蔵庫などで少し調整するとよろしいかも知れません。冷やす場合は、冷やしすぎに注意してください。
G飲み残したワインはコルクをして、冷蔵庫へ。翌日も美味しくお楽しみいただけます!

ワインの飲み方